loading
 
 
  • 画像
  • 画像

 京の台所といわれる錦市場で、70年以上も商いをしています。 京うどんの「冨美家」です。
時代とともにずいぶん変わってきたといわれる錦市場ですが、川魚、京野菜、乾物、麩など、いまでも専門店が並んでいます。 そしてじつは、あの伊藤若冲は錦市場の生まれだったりします。

 「京うどん」に特別な定義はないのですが、伝統的にだしをメインにしたうどんです。そして、コシのないやわらかな麺を使います。

 京都から他の地へ移られたお馴染みさんから、「京都を離れても、『冨美家』のうどんを食べたくなる」と、よく言っていただきます。  

 京、錦、冨美家。そのうどんの味を、いつまでも守り続けていきたいと思っております。ぜひ、いちど、ご賞味ください。

 うどんの命はだしです。「原価を気にせず、良い材料を」という創業者の想いをいまでも守り、だしに使う素材は惜しみません。 だしの美味しさこそが「冨美家」のうどんです。

 “うどんの冨美家”の創業時は甘味処でした。ですから、いまでも甘味にはこだわっています。
「冨美家」の美味しいだしをいかした粉もんも人気の商品です。
名物の冨美家鍋は一年をとおしていつも多くのお客さまがお召しあがりになります。
詰め合わせや季節限定の商品もあります。ご自宅用はもちろん、ご進物にもぜひお使いください。

お買い物ガイド